原创翻译:龙腾网 http://www.53370.net 翻译:BErind 转载请注明出处



米航空宇宙局(NASA)と海洋大気庁が連携して運用している気象観測衛星「スオミNPP」が日本に接近している台風19号を宇宙からとらえた。渦状の雲の幅は南北で2000キロ以上に及んでおり、米国内では「スーパー・タイフーン」として紹介されている。AP通信によれば、「ハギビス」と呼ばれている19号は大西洋上で発生するハリケーンの規模を示すカテゴリーでは最大級の「5」。米国内の気象専門家からは「存在しない6に相当する」という意見もSNSなどで出始めている。

美航空航天局(NASA)与海洋大气厅共同使用的气象观测卫星“Suomi NPP”捕捉到了正在接近日本的19号台风。旋涡状的云团南北宽度达到了2000千米以上。美国国内将其称为“超级台风”。据美联社报道,被称作“海贝斯”的19号台风用大西洋飓风规模标准来看,是最大的5级。甚至有美国国内气象专家在SNS上提出,其已经可以算是“6级”了。


ワシントン・ポスト紙によれば、「ハギビス」は前日までの24時間で最大風速を45メートルも増やしており(現在65メートル)、この発達スピードは地球で発生したハリケーン、サイクロン、台風の中で史上最速の部類。あまりに急速に発達したため、最初にあった台風の目の周囲に“2つめの目”ができたことが確認されており、進路になっている日本にとっては脅威をもたらす存在になりそうだ。

据华盛顿邮报报道,“海贝斯”在截止前一天的24小时内最大风速增加了45米(现在为65米),在飓风、旋风、台风中,其发展速度已经达到了地球上最快的级别。由于发展过快,在最初出现的台风周围甚至确认了出现第二个台风眼,这对已经处于台风运动轨迹上的日本来说也存在着威胁。